あるぺとら

今、空へ/あるぺとら

明日のため今日があるなら昨日ぼくは何ができたの
息継ぎさえも できないままで今日も ぼくは 藻掻く
背を伸ばし 手を伸ばし手にしたものは 僅か
風に吹かれ 雨に打たれ太陽は嘲笑った
きっとぼくはこのままだどうしようもなく日々を
ただ繰り返して
だけど今 現在 踏み出すんだ
泥濘の上を振り返ることなく
きっと きっと 飛び立つんだ
雨雲の向こうまだ見ぬ世界へと

積み上げては 崩すばかりでいつもフィクション夢見ている
諦めだけが捨てられないまま夕陽は沈んでいく
空見上げ 傍にいてって呟いても君は
明日で待つと 言い放って天高く飛び上がった
手を振って 背を正し歩いていくと決めたなら
さあここからだよ
そうさ今 現在 羽撃くんだ
この風の中を立ち向かってぶつかれ
怯むことなどないさ
ゼロから始めようここから進め一歩

背を伸ばし 手を伸ばし手にしたものは 僅か
風に吹かれ 雨に打たれ太陽は嘲笑った
それがどうした どうだっていいさ
どうしようもないんだから
ここから変わろう
今 現在 踏み出すんだ泥濘の上を振り返ることなく
きっと きっと 飛び立つんだ雨雲の向こう
まだ見ぬ世界へと
今 現在 を生きるんだこの空の下で光を掴み取れ
絶対 願いは届くんだこの旅の先で奇跡は花開く

PAGE TOP