奈都魅

瞬火終討/奈都魅

薄紅色の香る宵の月 蒼い雫交わした酔いの月 
その瞳には燃ゆる言の葉を 愛しさを抱く事も忘れて

遠き夢の跡 儚く脆く紅く 千の魂散る 猛き火花咲かせて

終焉を目指す 遥か白銀の路 辿り着いた先も まだ縛られて
夢に燃えて咲けど 霞む金色の花 私を灯して ただ紅々と

春爛漫の照らす宵の月 落ちる涙交わした酔桜
その瞳には昇る言霊を 現世を愁う事も忘れて

臨む夢の前 激しく高く蒼く 千の魂舞う 紅蓮の花散らせて

終焉に続く遥か白銀の路 果てる事も無くただ永遠に
愛に燃えて咲けど 滲む金色の花 貴方を灯して ただ蒼々と

春に香りて 夏に炎と成り燃え 秋に紅く染まれば 冬に散りゆく
終焉に続く遥か白銀の路 果てる事も無くただ永遠に
恋に焼けて咲けど滲む金色の花 二人を燃やしてただ紅々と
PAGE TOP