NGC222

白昼夢 (ONEAⅦ)

見上げた空 真昼の月
白く淡い冬の証

そよぐ風流れる雲
あの日見た懐かしい色

冷たい頬に触れる指先
微かに残る記憶の破片
歪む視界を光が包む
このまま夢を 夢を見させて

見上げた空 真昼の月
白く淡い冬の幻

ブルーシーガール/NGC222 (ONEAⅥ)

風が陸から海へと 強く強く吹き抜ける
鳥はスピードを上げて 風を切り空を羽ばたく
限界など知らないくせに 諦めるヤツラ尻目に
常識などかなぐり捨てて さあ翼広げ

ああ今白い鳥たちが 光輝く海を越えていく
決して止まることない まだ見ぬゴール目指して

夕凪静寂の中で 月が海面を照らす
鳥は翼を広げて 再び空へと羽ばたく
裏切り者と罵られた 孤独な夜もあったけど
たった一つ己の意思だけを 白い羽に乗せて

ああ今白い鳥たちが 月夜が照らす海を翔けていく
決して止まることない 新たな世界目指して
ああ今青い鳥たちが 光輝く海を越えていく
決して止まることない まだ見ぬゴール目指して
ああまだ白い鳥たちの 進む未来は見えないけど
決して止まることない まだ見ぬ世界目指して

NGC222オリジナルCD通販はこちら↓

PAGE TOP