たまを

輪廻のラブソング/たまを

深夜のモザイクとか 街中の路地裏とか
ふとした風景画に 君の面影を見る

フラフラ超宇宙的出会い この感覚を信じた
運命が僕に微笑んでいる

例え今世界が終わってしまいそうな時 笑って君を抱きしめるよ
何回も生まれ変わって君の名を呼ぶよ 離れた手をまた繋ぎ直すために
何度だって

もう何回の出会いが 二人に訪れたのか
掌重ねるたび 眠りから覚めるように

ビリビリ超刺激的キス 好き好きのゲリラ豪雨
頭のナニカが切れた気がした

例え今この身体が崩れ去ってしまっても 何かの奇跡ですぐに戻ってくるよ
何回も生まれ変わって来た僕らはまだ 安らかな眠り 迎えられていないから
何度だって

クラクラ超ドラマチックな 物語のような世界
今終わりがなくても何回だって

例え今世界が終わってしまいそうな時 笑って君に会いに行くよ
何回も生まれ変わって来た僕らはただ 永遠にだって再会を繰り返す
何度だって

Paradiso/たまを

目覚めた意識が眩しさに吸い込まれていく 光が視界を犯すように白で染める

授かったリンゴから甘い匂いが立ち込める あぁ、引き裂いた思いが突き刺さるように伝わる
さみしさが生まれて

離れた手が忘れられず 何度も何度も記憶を手繰るように
焦がれた過去の自分に哀愁を感じて 最後の食事をするように静かに馳せる

過ぎ去った灯が瞬くように輝いて あぁ、蔑んだ思いがノイズのように騒めいて
引きずり込まれていく

伸ばした手に絡み着いた悪意が妬みが 魂までも染めてしまう前に
透かした光を照らすように映す

(Salus animae in…)

繋いだ手を思い出した小さな小さな 温かい手を
生きた証明さえ確かな希望に縋るしかないから

ah… ha ah….
PAGE TOP